昨年、12月4日5日に東京で
第59回日本生殖医学会学術講演会が開催されました。

 

たくさんのドクターや治療家の方々が
日ごろの研究の結果を発表されますが
その中で、秋田赤十字病院産科婦人科の太田博孝先生が

 

「生活習慣からみた冷え症卵巣チョコレートのう胞症例の特徴」
と題し、発表されていました。

 

太田先生によると、卵巣チョコレートのう胞の女性は、
そうではない女性と比べて冷えがひどく、冷えになる生活習慣を
送っていることがわかりました。

 

例えば、研究に参加した卵巣チョコレートのう胞の女性は、
手足の冷えを最も強く感じていて、次に腰や肩の冷えを感じているがわかりました。

 

また、生活習慣としては
「熱燗よりビールを好む」「あまり笑わない」「生野菜サラダを好む」
傾向が認められました。

 

よって太田先生は冷えが、卵巣チョコレートのう胞の
発症の大きな原因になると考えられると結論づけていらっしゃいます。

 

 

 

サンマット レンタル   → サンマットの効果と特徴
サンマット 全種