以前、リプロダクションクリニック大阪 http://www.reposaka.jp/ 
院長である、松林秀彦先生が、ご自身のブログに
このように書かれていらっしゃいました。

 

 

この研究は、妊娠初期の出血に対して「身体の安静」は
有効ではなかったことを示しています。

つまり、見方を変えると、
胎児の運命は最初(受精時)から決まっていて、
その受精卵(胚)の生命力によって流産したり、
うまく育ったりすると考えられます。

ですから「身体の安静」の有無は、流産するかしないかと
あまり関係ないことになります。

一方、不育症の方では、流産回数が増える程、
染色体異常が原因であるケースが減少しますが、
流産回数が2~4回の場合は60%に染色体異常が認められます。

きちんと原因を究明して対処することも大切ですが、
「tender loving care」すなわち
心のケア「心の安静」も効果的であることが知られています。

そのひとつの説明として、心配したり落ち込んだりすると、
子宮の中のらせん動脈が収縮して、
胎児への血流が低下してしまうことがあるからと考えられています。

この現象は自分ではコントロールできないため、
知らず知らずのうちに胎児への血流を悪くしてしまっているのです

妊娠中は「あまり心配しないように」することが大切です。
そうはいっても、どうしても心配してしまうと思います。

医療者としては、なるべく心配させないような配慮が望まれていると思います。

 

 

 

◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆

 

 

これは、妊娠後だけでなく
特に、肺移植後にもいえることですね。

子宮は毛細血管の集まり。そこに受精卵はもぐりこむ形で
根付いていきますが、そのとき、血流が悪いと
栄養もホルモンも酸素も届かないので
子宮内膜自体の居心地も悪いし、受精卵も元気でいられません。

植物に置き換えると、土と水と日光。

土がやせ細っていたら、どんなに水を上げても
植物は育ちませんものね。

 

 

 

 

※医療機器だからこそ、放射効率が良く、温熱効果が高いので省エネ♬

サンマット レンタル   → サンマットの効果と特徴
サンマット 全種 

 

 

 

☆ ながいきや本舗 新商品 「ISOLA いそら」について
詳しくはこちらをご覧ください↓↓
http://kounotorinet.jp/?p=7026

 

アグリコン型イソフラボン、ビタミン、葉酸、コエンザイムQ10配合。着床に必要なのは「LIF」
空白
header_ispb
いそら1週間
会員登録でさらに1週間
合計2週間分を780円♪

header_sample_b.jpg

 

着床に不可欠な「LIF(リフ)」

ご存知ですか?
不妊の悩みは女性だけではありません。

 

女性に摂っていただきたい成分を配合♬
AFC 葉酸サプリ♪

天然ドライハーブでほっこりポカポカ♪芯から温まるだけでなくハーブの香りが長く続きます♪
「100%ナチュラルハーブバス」