【血流の役目】

そもそも血流の役目は何でしょうか?

主には、酸素や栄養素、ホルモンを運び、老廃物を回収する、
ということが挙げられます。

つまり、せっかく摂った栄養も、お薬の効用も、
頑張って分泌されたホルモンも
血流が悪ければ、必要な場所に届かない、ということになります。

 

 

【卵巣の環境】

卵巣は、ご存知の通り、卵胞(卵子)の倉庫です。
卵巣の中にある卵胞がしっかり育つためには
栄養もホルモンも、時にはお薬の力も必要ですが
それを運んでくるのが、前述の通り、血流です。

ところが、卵巣は狭い骨盤の中。
骨盤の中には、いろいろな臓器がつまっていて
ただでさえ血流が悪くなりがちな場所です。

そして卵巣は、実は他にも冷えやすい臓器。
それは、卵巣のすぐそばを太い静脈が流れているから、です。

静脈は、老廃物を回収して心臓へ戻る血流。
心臓から出て、栄養素やホルモン、酸素を運ぶ動脈に比べると
冷たいのです。

そんな冷たい静脈に、いつも卵巣はさらされているので
ある意味卵巣は「空冷システム」によって、冷やされ続けている、
ということができます。

それでも、静脈がスムーズに流れる間はいいです。
流れというエネルギーがありますので、
必要以上に冷やされることはありません。

でも、血流が滞っていたら、どうでしょう。
行きの動脈の流れが悪ければ、
卵胞の発育にとって必要なものが届かないだけでなく
帰りの静脈では、流れ、というエネルギーもなく、
いたずらに冷やされる時間が長くなり
卵胞にとって、一層過酷な環境となってしまいます。

 

 

【血流が悪いと良い卵子が採卵できない】

採卵前に、排卵を促すhCGという薬を注射しますが
採卵時にこのhCGの数値を測ってみると、
hCGの数値が良い人の卵子の質は良く
数値の悪い人の卵子は質が悪い、ということがあります。

つまり、hCG値が高いということは、
ちゃんとhCGが卵巣に届いた、ということであり
そのhCGを運ぶのは血流ですから、
血流が良かった、という証拠です。

卵胞が血流の影響を受けるのは
採卵周期からではなく、採卵周期のおよそ2周期前からです。

私たちが考えているより、もっともっと早くから
血流が運ぶものを頼りに成長しているたまご。

今も毎日、たまごは成長を開始しています。

妊娠しやすい環境を作るためには、
まず、卵子の質が大事と言われます。

 

 

 

 

☆ ながいきや本舗 新商品 「ISOLA いそら」について
詳しくはこちらをご覧ください↓↓
http://kounotorinet.jp/?p=7026

 

アグリコン型イソフラボン、ビタミン、葉酸、コエンザイムQ10配合。着床に必要なのは「LIF」
空白
header_ispb
いそら1週間
会員登録でさらに1週間
合計2週間分を780円♪

header_sample_b.jpg

 

着床に不可欠な「LIF(リフ)」

ご存知ですか?
不妊の悩みは女性だけではありません。

 

女性に摂っていただきたい成分を配合♬
AFC 葉酸サプリ♪

妊活している女性なら、おなじみの深い健康素材♬
ザクロジュース(リンゴ酢入り)

天然ドライハーブでほっこりポカポカ♪芯から温まるだけでなくハーブの香りが長く続きます♪
「100%ナチュラルハーブバス」

 

医療機器だからこそ、放射効率が良く、温熱効果が高いので省エネ♬

サンマット レンタル   → サンマットの効果と特徴
サンマット 全種