妊婦の採血で、胎児の染色体の病気が高い精度でわかる
「新型出生前検査」を受けた妊婦は昨年2013年4月の導入から
今年3月末までの1年間で7775人に上りそのうち141人(1・8%)が、
胎児に病気がある可能性が高い「陽性」と判定されたことがわかったと
実施施設の9割以上を占める、37施設の医師らが参加する共同研究組織
「NIPTコンソーシアム」がまとめました。

 

陽性とされると、羊水検査などで確定診断を受ける必要がありますが
診断に時間がかかるため、確定数はまだ不明ということです。

 

組織の事務局を務める関沢明彦・昭和大教授は
「今後、陽性だった人への遺伝カウンセリングが適切だったか
どうかなどを継続して検証していきたい」とおっしゃっています。

 

☆記事はこちらです↓
読売新聞 4月18日(金)21時32分配信

 

 

 

 

★送料無料!ママのための《ルイボスティー》30日お試しセット



骨盤の歪みを整えて妊娠しやすい体を作り
★「プレマタニティー・ピラティス」DVD

男性の元気のために!しっかりホールドして上向きにキープ!男性不妊以外の男性にもおすすめ♫
★「シューバンボクサーブリーフ」

 

★ サンマット 座布団タイプ M型 (遠赤外線温熱治療器)

★ 腹巻き『温糸~ぬくいと』 (ハッピーブレッシング)

冷え取り靴下4足セット (冷えとり靴下専門店 841)