多嚢胞性卵巣(PCOS)の治療法は確立されていません。
「必ず効く」と言う治療法は分かっていません。

しかし、「グリスリン」を摂取する事によりインスリン抵抗性が改善されて
生理不順や多嚢胞性卵巣(PCOS)が改善される事がわかりました。

 

グリスリンの多嚢胞性卵巣(PCOS)への効果の理由は
多嚢胞性卵巣(PCOS)の原因の1つである、「インスリン抵抗性」です。
(「インスリン抵抗性」→充分なインスリンが分泌されているのに、血液中の糖を充分に下げられない症状)

 

グリスリンは、多嚢胞性卵巣(PCOS)の治療に最近良く使われるようになって来ました。

 

私は、多嚢胞性卵巣(PCOS)ではありませんが・・・
インスリン抵抗性なのでクリニックでグリスリンを勧められました。

 

クロミッドとの併用試験では、クロミッドを飲んでも排卵しなかった方が
グリスリンを服用して、7割以上の方が排卵が確認されたとのことです。
結果、多くの不妊治療クリニックでグリスリンが使われるようになっているそうです。

 

 

私の飲んでいる「シンドロンSX」は、製造で乾燥マイタケをエキス抽出する前に、
多糖体の含有量をチェックし一定基準以上の原料だけを使用していて、
更に、特許技術で抽出されたグリスリンを使用しているんですって!!

 

 

081

 

 

この 特許技術で抽出されたグリスリンを使用しているのは
「シンドロンSX」 だけなんだそうです!!
グリスリンも、色んなメーカーから出ていますが、
やっぱり、安全性も品質も安心して飲めるものがいいですものね!!

 

特許技術で抽出された安心品質なグリスリン
シンドロンSX (ながいきや本舗さん)