足先は、心臓から最も遠く、血液循環が悪くなりやすい場所です。
足の血流が低下し老廃物が足に溜り、足が 「むくみ」 ます。

 

心臓から出た血液が足を通って、
心臓に戻るまでには、内臓を通過してきます。
ですので、足で冷えた血液が通ると内臓が冷えます。

 

冷えた血液 が、子宮を通ってきますので 「子宮」が冷えます。

 

 

子宮の冷えは、不妊の大きな原因と言われるので、
まずは改善方法として足湯がおススメです

 

 

o0350026311603299003

 

 

足湯の仕方は、足のくるぶしより、「10cm以上」 浸かるようにします。

通常の足湯は、くるぶしから 「指3本分」 くらいと言われていますが、
私が、「10cm以上」 と言うのは、くるぶしから指4本分の辺りに!!
婦人科系のトラブルに良い「ツボ」 があるからです 。

 

最初は、ぬる目めのお湯にを入れます。
足がお湯になれたら、少し熱く感じる程度のお湯を入れ、
またなれたら、熱いお湯を入れます。
何度か繰り返し、お湯につかってる部分が赤くなったら終わりです。

 

冷めないように、すぐタオルでしっかりと拭いて、長めの靴下で保温維持します♪

 

温度    38℃~42℃位
水深   くるぶしから10cm以上の深さ
時間   15~20分

 

全身の血行を良くし、体内の代謝を高める事が出来ます。

「足湯」「半身浴」 と同じ程度の効果があります。

 

自律神経も安定する効果があり、心身共にリラックス出来ます。
朝・昼・寝る前と足湯が出来たら、効果が上がります。

 

 

この様な症状の解消にも効果があります。

★ 冷え性
★ 肩こり
★ 足がむくむ
★ 足が冷たくて眠れない
★ 全身の疲れ
★ 倦怠感
★ 不眠症
★ 低血圧
★ ストレス

保温効果の高い入浴剤を入れれば、効果はさらにアップします。
ご自分の症状に合わせたアロマオイルを使うと、プラスαの効果が得られます。

 

 

冷え性が酷い方は、足湯を始めた時は、効果を感じにくいかもしれません。
しかし、毎日足湯を続けたら、冷えも軽くなり、体も温まって来ます。
即効性や一回で効果を求めずに、続ける事が大事です。

 

持病をお持ちの方や、体調不良などの方は、
主治医にご相談されてからにしてくださいね

 

 

 

お風呂タイムでハーブバスでリラックスしながら冷え対策もいいですね♬
ハッピーブレッシング さんのハーブバス♬ → 「100%ナチュラルハーブバス」