「冷えの種類」を、もう一度見なおしてみようと思います。

 

 

一口に「冷え」といっても、
人によってその場所や感じ方はさまざまですよね。

代表的な場所と原因別の種類ですが
皆さんはどれにあたりますか?

 

 

○感じる場所別

 

●四肢末端型 ・・・ 手足などのからだの末端部が冷える

●下半身型 ・・・ 主に下半身が冷える

●内蔵型 ・・・ 手足は冷えを感じないのに、なぜか寒い

●全身型 ・・・ 腕や太ももなどに寒さを感じる

 

 

○原因別

 

●自律神経のバランスの乱れ

冷え性にもっとも多いのが、このタイプのようですが、自律神経のバランスを乱す
一番の原因はストレスです。

ストレスを受けると交感神経が緊張し血管が収縮します。
すると血行が悪くなるので、冷えの原因になるようです。

 

●低体温(熱量不足)

私たちの体温は37度が理想ですが、いつも35度台という方がいらっしゃいます。
こういう方は低体温、そこからくる冷えですね。

低体温になると、体内の酵素の働きが低下する為、様々な体内の代謝活動が低下します。
そのため、さらに体温が低くなるという悪循環に陥ります。

原因のひとつとしては、体温のもとになる熱をつくる筋肉量が少ないことが挙げられますので、
運動不足の人、筋肉が発達していない人、筋肉が低下したお年寄りなどに多くみられます。

また、炭水化物が大好き、糖分の摂取が多い方も低体温になりやすいです。

 

●ホルモンのアンバランス

女性は、初潮、思春期、妊娠、出産、更年期など
さまざまなタイミングで、女性ホルモンのバランスが変わります。

そのホルモン変化が自律神経を乱し、血流にも影響し、結果冷えを感じるようになります。

特に更年期には、生理不順、ほてり、頭痛、ホットフラッシュなど「更年期障害」といわれる
さまざまな症状が起こりますが、これらも全て女性ホルモンのバランスの乱れによって引き起こされます。

「冷えのぼせ」も、このタイプの特徴的な症状です。

 

●低血圧

低血圧とは、心臓が血液を送り出す力が弱い状態です。
心臓のポンプの力が弱く、血液が末端の手足の先までなかなか届きにくいために、冷えが起こります。

また 、立ちくらみ、めまい、肩こり、下痢、便秘、食欲不振などの症状もみられます。

 

●貧血

貧血とは、血液中に含まれる「ヘモグロビン」の量が減って足りなくなった状態です。

ヘモグロビンは赤血球の中にある蛋白質で、肺から全身へと酸素を運搬する役割を担っています。

ヘモグロビンが足りなくなると、酸素を運ぶ能力が弱くなり、結果エネルギー(熱量)を
生み出せなくなって冷え性が起こります。

貧血が原因の場合は、手足だけでなく全身が冷えている状態になりがちです。

このタイプでは冷えの他に、身体が疲れやすい、顔色が悪い、めまい、立ちくらみ、
息切れなどの症状があります。

 

 

ちなみに血流が悪くなって体温が低下すると 免疫力も低下するので、
冷えだけでなく、アレルギー性疾患、頭痛、肩こりや、無気力など、さまざまな症状が現れるようです。

 

冷えは、赤ちゃんを授かるためだけでなく、人生いつの時も大敵といえますね。

 

 

 

★ サンマット レンタル (ながいきや本舗 本店)

 

 

サンマット 全種 (ながいきや本舗 本店)

サンマット FLL型(158cm)  楽天 こうのとり支店(ながいきや本舗)【あす楽対応】

サンマット LL型(120cm)  楽天 こうのとり支店(ながいきや本舗)【あす楽対応】

サンマット 腹巻き型 BS-20  楽天 こうのとり支店(ながいきや本舗)【あす楽対応】

サンマット 座布団タイプ M型  楽天 こうのとり支店(ながいきや本舗)【あす楽対応】