不妊の原因がどこにあるかを知るためには、まずは基本的な検査が必要で
いろいろな項目があります。

いろいろな項目があるのは、不妊の原因が1つとは限らないから。
また、表に現れる症状からわかることも限られています。

検査に大切なことは、小さい一つ一つにこだわりすぎるのではなくて
いつも全体を見渡して、関係を考えながら総合的に評価する、ということです。

なので、複雑な原因の場合は、2次検査を受けることがあります。

そして不妊の原因は、女性側だけではなく、男性側にもある可能性がありますので
男性側の検査も、必ず行いましょう。

 

illust1329_thumb

女性の基本検査項目

【初診時】

問診

尿検査

内診

触診

超音波検査(膣の中に細長いプローブを入れて、超音波を発信させると、モニター画面に子宮や卵巣の状態が映し出されます)

 

【月経期】

血液検査  採血して、FSH(卵胞刺激ホルモン)、LH(黄体化ホルモン)、プロラクチンホルモンの値を調べます。

【卵胞期】

子宮卵管造影検査:子宮内にチューブを固定し、粘性度の高い油性の造影剤を注入して、卵管の通過性や癒着がないか、また、子宮腔の状態を調べます。

エストロゲン検査: 採血して調べます。

超音波検査:初診時と同じように、膣にプローブを入れて調べます。

この時期の超音波検査では、排卵前の卵胞計測や子宮内膜の厚さの測定、その他、卵巣のう腫や子宮筋腫がないか、なども確認します。

 

【排卵期】

頸管粘液検査:内診台にて、いわゆるおりもの分泌を調べます。

フーナーテスト排卵日当日の早朝または前夜遅くに性交をして、精子の子宮頚管

内への進入度を検査します。性交後12時間以内に検査します。

 

【黄体期】

超音波検査:初診時と同じように、膣にプローブを入れて調べます。この時期の超音波検査では、主に子宮内膜の厚さの測定を確認します。

エストロゲン検査:採血して調べます

プロゲステロン検査:採血して調べます。

 

 

illust1331_thumb

女性の2次検査

※生理周期に関係なく、いつもでできる検査です。

甲状腺機能検査:甲状腺ホルモンは、ホルモンバランスを調整する働きがあります。機能亢進であっても低下であっても、受胎能力に影響します。

抗ミュラー管ホルモン(AMH)検査 : 採血して調べます。抗ミュラー管ホルモンは、発育卵胞、前胞状卵胞より分泌されるホルモン。その値は発育している卵胞の数に相関しますので、卵巣予備機能を知るための指標となります。

抗精子抗体:採血し、女性の血液(血清)に精子を加えて、精子が動けるかどうかを観察します。なんらかの理由で、免疫機能がうまく働かなくなり、精子への抗体が産出されてしまうと、受精や受精卵の分割を妨げたり、習慣流産の原因となります。